RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



mignon mimosa

Small discovery of everyday life

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.11.16 Friday | - | - |
君が笑う方へ feat.bird
最近のお気に入りソング。

偶然の発見。
この佐藤泰司って人・・・
あなたは誰なのだ?
知らんし。
でもヨカッタ。

sakuraの熱唱系デュエットと
birdが唄うのがセットで一枚みたい。

sakuraの方も熱く、だけど爽快で、
間奏のラテンっぽいギターがグっときますが、

birdの方は、ゆるゆるといい感じで、
電車に乗ってながらにして南の島気分。
ひとりショートトリップ。
ちょっとアブナイ人か?

♪君の笑う方へ
 僕も嬉しい方へ
 雲が流れるように、連れてってあげる・・・

歌詞もいい。

視聴できますよ。 ⇒ 
ただし、ほーんの一瞬です。

| 2007.11.15 Thursday | 音楽 | comments(3) |
邦画もいいと思う


最近観た映画

めがね
オリオン座からの招待状
クワイエットルームにようこそ。

そう言えば、少し前には HERO も観たなぁ。

邦画つづき。
前回に続き日本の心を感じる秋です。(冬らしいけど。)

もともと邦画好きだった私(鎌田行進曲は、劇場で3回は観た)
ここんとこ邦画を劇場で観ることが少なくなっていたけど、
邦画もやっぱり捨てたもんじゃない、洋画とは違う世界観があって、
やっぱり結構好きだわ、と思い直せたりしています。

なぜ、邦画を観に劇場に行かないのか?

テレビですぐに放映されるのが一番かも。

それに日本で映画を観るのは高い。
(イギリスではずっと安価よ、とsabaサンが言ってたと思う。)

洋画は字幕であること、それだけで一生懸命観る。
そして、異文化や、知らない場所、外国だったり、超未来だったり、
CGの駆使とか、びっくりするような爆破シーンだったりとか、
アミューズメント的な要素が、観た甲斐がある気分になる。
高いなら、観たー!って気分になれる方が元取った気になるもんね。
(関西人的発想か?)

ま、そんなとこもあるんでは?と思う。

でもね、邦画は邦画だけあって、
何気なく観てるだけで自然に染み込むように内側へ入ってくるものがあり、
観甲斐はなくとも、後から心温まったりするバブ的な余韻が楽しめます。

邦画離れしている方は、ぜひ一度劇場でご覧になって見て下さい。

オリオン座は、加瀬亮クンがとても素敵で、(めがね にも出てる)
ひとりは他何に出てるのか、帰って検索しよ〜と言い、
また、もうひとりは、別れ際 「今日は加瀬亮を胸に帰りまーす♪」と去ってゆく、
なかなか今後注目の俳優さんでありました。
ただし、浅田次郎先生の原作とはちと違っておりました。

クワイエットルーム
こちらは、私的にはかなり好きな映画で、
決して楽しいお話ではなく、万人に受けるとも思えないけど、
重い内容を、軽く描きつつ、考えるとこもあり、
松尾スズキ氏やるやん!って感じでありました。


また良さ気な邦画ないかなーなどと、ちょっと探してみたりしている今日この頃。
でもジムキャリーの23も、ジョディーフォスターのもしっかり観たかったりする。
ニコラスケイジの新作もあるみたいだし〜

なんやかや言っても、結局映画ならなんでも好きってことなのかな。


| 2007.11.11 Sunday | 映画 | comments(0) |
休日 日本の心にふれる


秋は和の心に触れるのに最も適した季節ではないだろうか。
センチメンタルがぎゅっとつまっていて、
侘びとか寂とか(よくわかんないけど)、日本的な感覚が溢れている気がする。
だから、人は皆秋に京都へ旅するのだと思う。

そういう私も先日京都へ足を運び、
日本の心を感じるツアー(命名maeサン)なるものに出かけた。
京都駅は想像以上の人出。

mm的No.1寺院、三十三間堂と、狩野永徳展を観る。

久々の33、イタリアルネッサンスの彫刻に匹敵するオジイ像にも再会。

mm以外皆初33で、結構感動してもらえた様子。
推薦してよかったなーとちょっと嬉しかったりする、みうらじゅん状態。

2回目以降の楽しみ方のひとつとして、初めての人と行くこと。
ビックリするだろうな〜と思うとなかなかワクワクするもので、
サプライズをしかける的な感覚がある。
(しかし、この話を会社でしたら、皆・・・無言だった。)

いやいやしかし何度観てもスゴイ。やっぱり好きだ33。

33のお向いの京都国立博物館で催されている狩野永徳展は、
それはそれは人気爆発中で、90分も並んでしまった。
しかし、秀吉さま、信長さま ご推奨だけあって、
謳い文句通り、30日間の奇跡、その迫力に叶うものなし。
確かに・・・

和のゴールドは、しっとりと美しくて、
余白が単に余白でない奥行き感。
ヨーロッパの画家たちが憧れるわけだ。
ちょっと鼻が高くなった。

心に秋が染み入るように、休日を過ごせたのと、
いっぱい話を聞いてもらえたおかげで、(アリガトウ)
最近、ほんの少し気分が病んでいたのだけれど、
ちょっとばかし(いや、相当)復活できた。

やっぱり秋の京都には、日本人を癒す何かが
空気の中にさやさやと流れているんだな・・・

などと思っていたら、もう季節は冬らしい・・・(ichanブログによる)



| 2007.11.09 Friday | おでかけ | comments(1) |
GODIVAのチョコドリンク
VFSH0233.JPG
初チャレンジ。

ビターをチョイス。

濃厚で美味しい。

だけど、ひとり一杯はちとキツかった…。

そんなお年頃ね。
| 2007.10.28 Sunday | - | comments(0) |
どっちもどっち
うちの母親は、私よりもジャニーズの子達の名前を言え、
レミーのおいしいレストランを見た時も
この声はあの子、佐藤隆太や!と言えるような、
恐るべき年輩。

それに対し、
妹は甥っ子に、テレビはほとんど見せない(NHKとかだけね)、
お菓子もほとんど食べさせない(手作りならokね)
、、、という信念の人で、

ある日
「おばあちゃん、オパピって何?」
と甥っ子から電話があった。
幼稚園で聞いてきたらしいが、どうも妹も知らないらしい。

「今時オッパッピーも知らんなんて!!いじめられるんちゃう〜〜」
と、真剣に心配しているオバアチャン(母)もどんなもんだろうか。。。


そんなちっちゃい子がオッパッピ は知らんくてもいいと思う。でも皆知ってるのね、たぶん。
そして盛り上がってるのね〜



| 2007.10.27 Saturday | - | comments(2) |
夜道にちゃりで歌う♪
太陽は手に月は心の両手に走った
こぼれる声 降りしきる雨の中を
握っていた儚い夢の続きを信じて
溢れてるのは愛しい赤の涙


ituneでお買い物。
↑ の UAも。
曲名がかなりグッとくる。
情熱も購入。

ナツメロ多し。

他には
Private eyes
接吻
Let's groove
Parttime Lover
Killing me softly with his song

古いのばっかし。
新しい曲は、この先もずっと好きだかわかんないので、
古い曲で好きなのは、聴くだろうなーと、
買うなら長く楽しみたい!
で、ナツメロなわけです。

そんな感じで相変わらずシャッフル生活を満喫中。
自分で入れてながら、シャッフルだと、おっ次はこの曲かね!
と新鮮に喜んでる、ちょっとしたアホです。

だもんで読書はそっちのけ。
本も読まなくっちゃね。
秋も終わっちゃうよ〜
book cover展も始まるのにね。



| 2007.10.26 Friday | 音楽 | comments(0) |
親分のワークのティータイム
親分シリーズ第三弾



ケーキセットを見ただけで感動したことは、先週の日曜の4時までなく、
美味しい〜とか、可愛い〜とか、大好きなケーキ!と思えるものには出会ってたけど、
親分のワークショップでのお茶会で遭遇したケーキとお茶は全く違っていて、びっくりの感動。
ケーキセットとは呼びたくないような、オブジェのような盛り付けで、
美しいだけでなく暖かい優しさを感じる本当に素敵なものでした。
お休みのところを親分とその日一日かぎりの子分達の為にお店をあけ、
一人ひとりに小さなメニューを準備して、ケーキを焼いて、こんなに素敵にして出してくれる。
親分はなんて幸せ者なんだ!と思ったわけです。
もちろん、思いがけず参加できた私も幸せだったんですけど。

これも親分の人柄ありきかなーと思いつつ、
あんまり言うと「そうやろ、そうやろ、イッヒッヒ〜」と
笑い声が町中に響き渡り近所迷惑になるのでこの辺にしときます。

Peace motherサン
今は金曜日のみの営業だそうです。
会社休んで行っちゃいたい!てなミニチュア野望もわく、そんなお店でありました。

| 2007.10.25 Thursday | - | comments(3) |
親分のワークショップに参加したの巻
cocoaサンでの、asanebou展も残り一週間弱となりました。
大盛況のようで何よりです。
可愛くお店に並ぶ鞄達は、見るだけで楽しいものばかり。
わくわくデス♪

東京へ行くはずのmmでしたが、急遽予定変更になり、
突然行ったasa展で、飛び入りのワーク参加!

これがまーあっと言う間の4時間で、楽しかった〜!
こんなに無心になったのは久々で、ちょっとした充実感が味わえました。
集中しすぎて、今となっては夢の中の出来事のようです。
参加されてる皆さんの作品もそれぞれ個性的。
大勢で作ると楽しいものですね。
と言いつつ、あんまり顔を見て話も出来なかった!それがちょっと残念。
そんなだったので、日曜の思い出は、目の中が赤です。
(赤い生地ずーっと見てたから)

cocoaサン、親分、お誘い頂きアリガトウゴザイマシタ。
案外親分暇だったかもね!笑
みんな蟹でも食べに来たかのようにモクモクでしたから〜




帰ってちょっぴり手を加え一応完成。
オッサンにはチョットらぶりー過ぎな感が否めません。

やってみてわかる作成の大変さ。
親分の鞄も簡単に出来上がるんではないだろーなーと、
しみじみ思ったりもする充実の1日でありました。



| 2007.10.23 Tuesday | 日々のこと | comments(3) |
親分の鞄
VFSH0226.JPG
今日もお供はasa鞄。
シャッフルとこの鞄で通勤中もいと楽しって感じかな。

この鞄の素晴らしいとこは、柔らかくて太いウールの持ち手。
本体が大きめだから、ついつい荷物が増えて重くなる。
けど、そんな時でもこの持ち手なら負担がとても少ない。
逆に持った感が心地良くさえある。
素晴らしい!

友達ながらasa鞄フリークの私は、いくつか所有しているにもかかわらず、
個展の度に、いいやんコレ〜と思えるものが何点もあり。毎回どこか新鮮。
スゴイぞasa蔵親分。

親分の鞄、今なら中崎町のcocoaサンで見れマス。
詳しくは、Linkのasanebouにてご確認下さいませ。

オススメ♪

| 2007.10.17 Wednesday | - | comments(6) |
みたよ
VFSH0224~00.JPG
毎日ガンバッテる忙しいひと
めがね をみて、ゆったりシテクダサイ。

ただし、寝不足で行くのは禁物。
意識が遠のく危険アリ。
(本当にゆる〜い感じなのです。)

あと、すきっ腹にもキツイかも!

これから行く方々、楽しんで来て下さいませ。
ゆったりと…
| 2007.10.10 Wednesday | - | comments(1) |
 | 1 / 38 PAGES | >>

zyniker

RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
mmの本棚
http://booklog.jp/users/mignon-mimosa
ブログパーツUL5
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.