RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



mignon mimosa

Small discovery of everyday life

<< 休日 日本の心にふれる | main | 君が笑う方へ feat.bird >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.11.16 Friday | - | - |
邦画もいいと思う


最近観た映画

めがね
オリオン座からの招待状
クワイエットルームにようこそ。

そう言えば、少し前には HERO も観たなぁ。

邦画つづき。
前回に続き日本の心を感じる秋です。(冬らしいけど。)

もともと邦画好きだった私(鎌田行進曲は、劇場で3回は観た)
ここんとこ邦画を劇場で観ることが少なくなっていたけど、
邦画もやっぱり捨てたもんじゃない、洋画とは違う世界観があって、
やっぱり結構好きだわ、と思い直せたりしています。

なぜ、邦画を観に劇場に行かないのか?

テレビですぐに放映されるのが一番かも。

それに日本で映画を観るのは高い。
(イギリスではずっと安価よ、とsabaサンが言ってたと思う。)

洋画は字幕であること、それだけで一生懸命観る。
そして、異文化や、知らない場所、外国だったり、超未来だったり、
CGの駆使とか、びっくりするような爆破シーンだったりとか、
アミューズメント的な要素が、観た甲斐がある気分になる。
高いなら、観たー!って気分になれる方が元取った気になるもんね。
(関西人的発想か?)

ま、そんなとこもあるんでは?と思う。

でもね、邦画は邦画だけあって、
何気なく観てるだけで自然に染み込むように内側へ入ってくるものがあり、
観甲斐はなくとも、後から心温まったりするバブ的な余韻が楽しめます。

邦画離れしている方は、ぜひ一度劇場でご覧になって見て下さい。

オリオン座は、加瀬亮クンがとても素敵で、(めがね にも出てる)
ひとりは他何に出てるのか、帰って検索しよ〜と言い、
また、もうひとりは、別れ際 「今日は加瀬亮を胸に帰りまーす♪」と去ってゆく、
なかなか今後注目の俳優さんでありました。
ただし、浅田次郎先生の原作とはちと違っておりました。

クワイエットルーム
こちらは、私的にはかなり好きな映画で、
決して楽しいお話ではなく、万人に受けるとも思えないけど、
重い内容を、軽く描きつつ、考えるとこもあり、
松尾スズキ氏やるやん!って感じでありました。


また良さ気な邦画ないかなーなどと、ちょっと探してみたりしている今日この頃。
でもジムキャリーの23も、ジョディーフォスターのもしっかり観たかったりする。
ニコラスケイジの新作もあるみたいだし〜

なんやかや言っても、結局映画ならなんでも好きってことなのかな。


| 2007.11.11 Sunday | 映画 | comments(0) |
スポンサーサイト
| 2007.11.16 Friday | - | - |
COMMENT













zyniker

RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
mmの本棚
http://booklog.jp/users/mignon-mimosa
ブログパーツUL5
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.